東京圏では受け入れられている宅配ボックス

東京圏では受け入れられている宅配ボックス

東京というのは、人間が日本の諸般な場所から集まって住んでいるため、近所付き合いはそう深くないのがほとんど。電気工事は電池式を採用してるものは不要。

カード、暗証番号を荷物の受け取り方法を、使用してるものや、対話型ディスプレイに従って操作手順は操作するもの等があるようです。まして近所付き合いしなくていいからマンションの場合はマンションに住んでいる≠ニいう意識の人がうんとためよりこの傾向が強くなるようです。

宅配ボックスはこういった風土≠持つ地域では、東京圏ほど求められてないようですね。そのため近所付き合いがないから、宅配便の荷物を隣近所のものを預かるのは嫌がる。

宅配ボックスの需要はそんな理由から高くなってきてるようです。東京圏では受け入れられている宅配ボックスだが、そんなには大阪圏ではない。

90%と東京では屹々確率で、宅配ボックスを新築マンションに取り付けられてるようです。大阪を中心にする関西圏ではそれにたいし50%前後のようですね。

それはなぜでしょうか。しかし、東京圏とは違って、大阪圏のマンション居住者は、近所付き合いも比較的に莫大ため、快く荷物を隣の居住者が留守であれば、預かる。

停電による機能停止の心配もない。