多くの集合住宅が次々と建設

多くの集合住宅が次々と建設

社会保障制度の整備・発達により一方では、小家族化や女性の社会への進出の傾向が顕著になり、次第に人が住居に在宅時間や割合が減少していくことになります。運輸・物流環境の1980年代半ば、目覚ましい発展の流れの中で登場をした「宅急便」が一般に広く普及すると、受取管理人室へ人不在で荷物が預けられるケースが集合住宅では、急増しました。

認知レベルが当初は低かったものの、都市型マンションでアクティブに暮らすライフスタイルが1990年ごろには人気となって、自宅で荷物を待たなければならない時間の制約や留守にして受け取りそこなった荷物の不在通知を配達業者に届ける手間、荷物を隣人に不在時に預かってもらうことでかかる周囲への迷惑、などといった多種多様な不自由からの解放を願う大半の世の声を背景にし、その屹々利便性が宅配ボックスは認められて多岐にわたった認知を獲得することとなります。日本で1986年に最初の宅配ボックス1号機が発売される事となります。

集合住宅の管理人室は中元、歳暮のシーズンには、足の踏み場のないほどの受取人不在荷物で埋め尽くされたといいます。都市部では戦後の高度経済成長にともない、おおくの集合住宅が次々と建設されました。

くわえて、あずかってた荷物が、盗まれたり紛失したりと住民と管理側との間のトラブル発生が絶えないようになりました。コレは、最新の技術を駆使したコンピュータ電子機器を搭載した宅配ボックスで、オンラインシステム管理方式の24時間365日遠隔監視、遠隔管理できるタイプです。