不在時自動荷物受け取りシステム

不在時自動荷物受け取りシステム

具体的には一時的に宅配物の受け取り人が不在の際、その宅配物を保管しておくロッカーのことを指します。パナソニック電工社、日本宅配システム社など、現在では複数メーカーが市場参入をしています。

「ああ、あの時の便利なあれね」とかつて、マンションやアパートなどにお住まいとなったご経験をお持ちだとすれば、思い当たる方も一方ならぬのではないでしょうか。その背景のひとつには、現代的タイプともいえるインターネットショッピングやTV・ラジオの通信販売などといった「お買い物」が世の中に広く受け入れられ、自宅で荷物を受け取るそれに機会がともない急激に増加をしました。

その結果、家でじっと荷物の到着を待ってる不便な感じや不自由さから解放をされたいという欲求が市場の声として、ぐっと宅配ボックスの屹々機能とか利便性の評価を押し上げた事にあります。ほとんどこれまでは、その高峻利便性から集合住宅を中心にしてシェアを伸ばしてきた宅配ボックス。

宅配ボックスの昨今のニーズの高まりの背景にあるとっくにひとつの理由には、本来は宅配ボックスが備えている機能や利便性は言うまでもなく、現代社会において宅配ボックスが果たす、安全面・セキュリティ面といった側面が、あらためて大きく脚光を浴びるようになった事が大きな理由としてあげられます。世にフルタイムシステム社が送り出した宅配ボックスとは、不在時自動荷物受け取りシステムのことを言います。

ここ数年、戸建住宅に向けた宅配ボックスを各メーカーがリリースをしはじめる事になった背景には、人々のライフスタイルも時代の流れと共に変わり、非常に戸建住宅に向けた宅配ボックスのニーズが高まっていることがあります。