マンションの性能がより重視

マンションの性能がより重視

よりマンションの性能が重視をされる傾向が強まったバブル崩壊後には、市場にますます宅配ボックスは定着をします。多くの需要を背景にし、やがて市場拡大展開でのお手頃価格競争に複数メーカー間の競売が開始され突入。

宅配ボックスが1993年には、BL認定品(優良住宅部品としての認定を財団法人ベターリビングにより受けた商品)となって、「宅配ボックス委員会」がこれから先の宅配ボックスの普及展開するうえで発足。1995年には、「宅配ボックス設置協力謝礼金制度」が旧郵政省によって新たに設置され、さらに宅配ボックスの普及は加速の一途をたどります。

「集合住宅用」のほかに2000年を過ぎてからは、「戸建住宅用」も登場をし、「機械式」「電気制御式」が稼働形態上の分類として挙げられ、さらに「電機制御式」の中でも「オンライン式」「オフライン式」に分かれるなど、宅配ボックスの種類も用途や住宅設備の仕様に合わせて細分化されました。代わって留守時に配達された荷物を受け取る便利な設備というだけでは無く、外部からさまざまな業者が出入りをすることを防ぐセキュリティ面からも現代マンションに標準装備として設置されるようになったのが宅配ボックスです。

付属をするサービスやカラーバリエーションなども現在では豊富にそろい、実に多種多様な宅配ボックスが多種多様のニーズに応える市場に形で出回るようになりました。